FC2ブログ
プロフィール

シェムハザ

Author:シェムハザ
鯖:ユリアン
職:プリースト

割と真剣に死神(´・ω・`)

Copyright (c)XLGAMES Inc. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All rights reserved.Copyright Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
参加してます
TERA・攻略ブログ
ArcheAge・攻略ブログ

TRPGシノビガミ 『裏切りの対価』セッションリプレイ/第2サイクル

[メイン]GM:はい! では1サイクル目終了でございます。 
[メイン]GM:2サイクル目入りましょう~。誰から動きますか? 
[メイン]三鈴:誰も希望なかったらまた俺動いてよかですかーノ 
[メイン]館川 明彦:どぞー 
[メイン]山田 さらさ:ぜひぜひ~ 
[メイン]GM:では三鈴からどうぞ~何やるか宣言→シーン表→RPと判定→シーンを閉じる ね! 

[メイン]三鈴:じゃあ舘川の秘密抜きまーす。さっきのシーンの続きてことにしていいのかな?振ったほうが良い? 
[メイン]GM:今回のシーン表はRP用のフレーバーなので、振らなくても大丈夫! 
[メイン]三鈴:あい! 
[メイン]GM:(ちなみにシーンは先ほどの続きにしてもいいし、はたまた回想などの過去シーンでも構いません。シーンはそれぞれ独立しているので、時系列はバラバラで大丈夫です) 

[メイン]三鈴:「礼を言いますニンゲン…ですがそれとこれとは話が別です、傘を持ってこなかったことを悔やむといいです」 

[雑談]館川 明彦:傘を根に持たれていた…! 
[雑談]館川 明彦:雨のシーンに参加要請したせいか!ww 

[メイン]三鈴:こちらを振り向くことなく駆け出した舘川を瞳を光らせて見つめる…その影がぐにゃりと大きな獣の姿を取り舘川の足元を煙のように噛み通り過ぎて再び戻ってきた。 
[メイン]三鈴:てわけで異形化で判定をお願いします…! 
[メイン]GM:いいですね! どうぞ! 
[メイン]館川 明彦:かっこいい! 

[メイン]三鈴:2D6>=5 (判定:異形化) 
ShinobiGami : (2D6>=5) → 5[1,4] → 5 → 成功
 

[メイン]GM:かっこいい! 
[メイン]GM:ギリギリである 
[メイン]三鈴:あっぶね 
[メイン]館川 明彦:あぶないww 
[メイン]三鈴:これ感情でさらさんにもいく? 
[メイン]三鈴:そうそう 
[メイン]GM:あ、さらささんにもいくわ 
[メイン]GM:じゃあ全体公開よな 

[メイン]GM:PC1館川の【秘密】あなたには、病気に苦しむ一人娘がいる。
先日あなたは、彼女を担当する医師から、早急に手術を受けなければ彼女の命はもう長くないことを告げられた。手術にかかる費用は、1億円。
もう時間がない。あなたは何としてでも早急に1億円を用立てなければならない。 
 
 あなたの【本当の使命】は、どんな手段を使ってでも、報酬の1億円全額を持ち帰ることである。
 

[メイン]三鈴:tellにsayで返す愚行…! 
[メイン]館川 明彦:愚行www 
[メイン]GM:さらささんはこのシーンに出ていませんが、この秘密がなんかこう三鈴から伝えられます。忍術とかで。 
[メイン]山田 さらさ:忍術便利ツール 
[メイン]GM:忍者は最強ゆえ 

[メイン]三鈴:「ニンゲンは不便ですね。ややこしくてもろい。バカばっかりです」 
[メイン]三鈴:ふん、と眉根を寄せて腹立たしそうにつぶやいて。そのまま軒下で雨が去るのを待ちます 
[メイン]三鈴:以上! 
[メイン]三鈴:(雨がやむまでは立ち去らない 
[メイン]GM:可愛いねえ 

[雑談]館川 明彦:絶対に濡れたくないシノビかw 
[雑談]三鈴:湿気で毛がへたれるとテンション下がる系シノビ 
[雑談]山田 さらさ:かわいい・・! 

[メイン]GM:館川もシーンから退場してね! 
[メイン]館川 明彦:えっ、あ、なるほど! 
[メイン]三鈴:(そういえばいましたね舘川。シッシッ) 
[メイン]館川 明彦:足元を一瞬何かがよぎった気がしたが、まぁいいかと気にせず走り去ります!以上! 
[メイン]GM:ぼかぁこのRPを見たいがためにシノビガミやってるとこあるから決して逃さない 
[メイン]GM:ありがとう!w 

[メイン]GM:では次、誰が動きますか? 
[メイン]館川 明彦:先でも後でもどっちでも大丈夫ーさらさお好きな方どうぞ! 
[メイン]山田 さらさ:今回は後にしたいです! 
[メイン]館川 明彦:じゃあ俺先で! 
[メイン]GM:ほい! 何します? 
[メイン]館川 明彦:伏せられたHOの片方調べますー 
[メイン]GM:(どっちだろ)了解です! 
[メイン]GM:これ演出難しいねw 
[メイン]館川 明彦:もしよければ二人もどこかシーンにいてほしい?ような? 
[メイン]館川 明彦:確かにww 
[メイン]三鈴:おっけー 
[メイン]GM:おっけですです。ではまあ、同じシーンにいる以上秘匿し続けるのも変な話なので調べようとしているHOを公開しましょう 
[メイン]館川 明彦:おお、ありがとうございます!

 
[メイン]GM:●近隣住民の話を聞く 
 
【概要】奴(猿飛)とはぐれた場所の近隣住民から話を聞いてみようか。何か目撃しているかもしれない。 
 
【秘密】
 


[メイン]GM:ただこれは猿飛の秘密を入手しているPCしか秘密を探ることができません! よろしゃす! 

[メイン]館川 明彦:ST 
ShinobiGami : シーン表(10) → 大きな風が吹き荒ぶ。髪の毛や衣服が大きく揺れる。何かが起こりそうな予感……
 

[メイン]館川 明彦:雨のあとに風か! 
[メイン]GM:ドライヤー(自然) 
[メイン]三鈴:台風来てますねこれは… 
[メイン]山田 さらさ:ふむむ・・お家だいじょうぶかなあ 
[メイン]山田 さらさ:「むむ・・確かに はぐれた場所は重要ですよね~」 
[メイン]館川 明彦:走り続けていた折り、強烈な突風が吹きつける。 
「っと…」ぶわりと広がった服の抵抗に、ふと足を止めた。そして気づく。 
ここは猿飛を見失った辺りではないか。あれだけの大金の入ったアタッシュケースを持った猿飛を、俺たちが見失った。 
いささか釈然としない。ぼーっとしていると言われることもあるが、俺とてそこまでぼけっとしていない…はずだ。 
この付近で何かしらあったのではないか。見失うにたる理由とか。内通者とか。 
「何かあるのかもしれないよな」さらさの言葉にうなずいて、静かに身をひそめる。 
近隣住民が何か知っているのではないか。潜んで情報を探ることにしよう。
 
[メイン]館川 明彦:というわけで潜伏術で判定! 
[メイン]GM:いいですね、どうぞ! 

[メイン]館川 明彦:2D6>=5 (判定:潜伏術) 
ShinobiGami : (2D6>=5) → 10[4,6] → 10 → 成功
 

[メイン]GM:【秘密】送りました! 
[メイン]館川 明彦:ありがとうございます! 
[メイン]三鈴:「ようやっとやみましたね雨はもうこりごり…おやあなた方まだいたのですか」(自然な登場 
[メイン]GM:なんて自然な登場だ…俺じゃなきゃ気づかないね 
[メイン]館川 明彦:ふむ…どうしようかな 
[メイン]館川 明彦:自然すぎるな…気づいたら後ろにいたんだ( 
[メイン]GM:もはや怪異だな。恐怖判定が必要 
[メイン]山田 さらさ:SANチェックが来る・・?
[メイン]館川 明彦:身を潜めていた場所から、すっと二人の前に戻ります。 
「猿飛の行動の、追加情報がある。個別に提供してもいい。忍具一つで手を打つが、どうだろう? 
いらなければそれまでだが」しれっと
 

[雑談]三鈴:この舘川は異形影にアキレスをがじがじされても気づかない舘川
[雑談]館川 明彦:足が強いと言ってくれ(今のとこ歩くことと走ることしかしてない) 
[雑談]GM:三鈴可愛いのでSAN値が下がる( 
[雑談]三鈴:チェック入るほどの美貌…!18かな…! 
[雑談]GM:今回3人とも、これまでやってこなかったようなプレイしてくれるから新鮮で先が読めないw 

[メイン]山田 さらさ:「ううーん。素敵な提案なのですが、忍具少ないので今回は遠慮しておきます~」と残念そうに断ります 
[メイン]館川 明彦:「そうか、わかった」軽く頷いて返しますー 
[メイン]三鈴:「さっきはうまくいったからと少し図々しいですよニンゲン。あまり図々しいと喰いますよ、分かっているのですかニンゲン」 
[メイン]三鈴:くどくどと繰り返しながら兵糧丸渡します 
[メイン]館川 明彦:(めっちゃニンゲンって言ってくる…) 
[メイン]三鈴:(これ思ったけど種類言わなくていいやつ 
[メイン]GM:(言わないと受け渡しできなくない?) 
[メイン]館川 明彦:ふ、と笑って受け取ります。「では交渉成立だ、礼を言う」 
兵糧丸もらってここのHOの秘密で返しますー
 
[メイン]GM:では三鈴は兵糧丸をいっこ消して、館川は増やしておいてクレメンス 
[メイン]館川 明彦:はーい 
[メイン]三鈴:あいや個別にやりとりなのかなと、俺いつももってるやつ全体後悔するよね…( 
[メイン]GM:なるほど! 受け渡しは全体で大丈夫よいw 

[メイン]三鈴:「おのれ、おのれ猿飛…!あいつ絶対殺します何故そう私に都合悪くふるまうのか絶対殺す」 
[メイン]GM:www 
[メイン]館川 明彦:三鈴から受け取った兵糧丸を手元に収めて、そっと秘密を耳打ちします。 
「本当に助かったよ、猫娘」微かに笑って、さらさにも手を振って、のんびり歩き去りますー
 
[メイン]三鈴:髪の毛を逆立てて怒りに唸ります。もはや何の話も聞いてないようにずかずか歩き去ります。以上! 
[メイン]GM:さらささんも退場してくだせね! 
[メイン]山田 さらさ:はっ!そうでした! 
[メイン]GM:RPチャンスを逃さないGM 
[メイン]山田 さらさ:2人を見送った後、少し寂しそうな顔をしてから 真顔に戻り立ち去ります! 
[メイン]GM:おお…ただのドジっこじゃない感じがよい…! 

[雑談]館川 明彦:あああ置いてきぼりにしてごめんねさらさ…! 
[雑談]山田 さらさ:楽しいから良いのでーす! 
[雑談]館川 明彦:おお、よかった! 

[メイン]GM:では2サイクル目ラスト、さらさのターンどうぞ! 何します? 
[メイン]山田 さらさ:館川さんと感情を結びたいです! 

[メイン]館川 明彦:おお 
[メイン]GM:ほい! ではシーン表からの演出とRPどうぞ!
 
[メイン]山田 さらさ:ST 
ShinobiGami : シーン表(5) → 世界の終わりのような暗黒。暗闇の中、お前達は密やかに囁く。
 

[メイン]館川 明彦:優しい時間からの落差wwww 
[メイン]山田 さらさ:むーん 
[メイン]GM:シーン表は相変わらずカオスである 
[メイン]三鈴:予想外のでぶん殴ってくるよね…w 
[メイン]山田 さらさ:漆黒に包まれながら さらさはここは人通りが異様に少ないと感じていた。 
[メイン]山田 さらさ:しかしながら、見覚えのある姿を見つけ声をかけようとしたが、、 
[メイン]山田 さらさ:「む、あれは館川さん!」 
 
何かをつぶやいていることに気づくが聞き取れないので盗聴術で判定したいです!
 
[メイン]GM:ほほう…!? どうぞ!
 
[雑談]館川 明彦:独り言で秘密抜かれるのかと思ったら感情だったwww 
[雑談]三鈴:(何を呟いているのです舘川、RP期待していますよ…!感情的なやつを…!

[メイン]山田 さらさ:2D6>=5 (判定:盗聴術) 
ShinobiGami : (2D6>=5) → 5[1,4] → 5 → 成功
 

[メイン]GM:成功ですね。感情表ふっていただきますが、先にRPする? 

[雑談]三鈴:妖怪いち足りないが大人しい今回 
[雑談]GM:さっきファンブルを食らってちょっと満足しているのかもしれない 
[雑談]館川 明彦:待って独り言のハードルが高いww 

[メイン]山田 さらさ:うーん・・感情表ふってからでもいいでしょうか? 
[メイン]GM:どうぞ! ではお互いに「ET」をふってください 

[メイン]館川 明彦:ET 
ShinobiGami : 感情表(5) → 憧憬(プラス)/劣等感(マイナス)

 
[雑談]GM:霧さんならいけるやろと思ってゴーサイン出しました(満足げな顔 
[雑談]山田 さらさ:愛妻家なのでそこらへんとか・・! 

[メイン]山田 さらさ:ET 
ShinobiGami : 感情表(3) → 愛情(プラス)/妬み(マイナス)
 

[雑談]GM:愛妻家に愛情を発生させかけている捜査官がいるな…? 
[雑談]館川 明彦:えー、ちょっと待てよ、感情に絡めた独り言… 
[雑談]山田 さらさ:やだ///ときめき捜査官 
[雑談]GM:感情表は時としてこういう事故が発生します(愉悦 
[雑談]三鈴:外からにやにやするのが楽しいやつ(*´ェ`*) 
[雑談]GM:シノビガミはGMもPCもとても楽しいねえ 
[雑談]三鈴:うんうん 

[メイン]館川 明彦:「生まれた時からシノビの家系、な…」口の中で小さく呟く。 
先ほどから、そっとこちらを窺っているさらさには気づいていた。今、気づいた。 
ずいぶんと近づかれている。彼女が声を出したから気づいたのだ。 
「生まれが違えば、能力も違うのか?」才能が違うのか。もっと才能があって、金があれば、娘をすんなり助けられたのに。 
さらさが聞いている。聞いているとわかって口に出す。劣等感をあえて言葉に落とし、なんでもないものと昇華するために。 
さらさに感情を言葉として投げつけているのだ。ずるい男だろうか、俺も。 
「俺はお前の生まれが羨ましいよ、さらさ」小さな小さな声で、ただ足元に向かって音を落とした。
 
[メイン]館川 明彦:というわけで劣等感(マイナス 

[雑談]三鈴:鮮やかな消化 
[雑談]館川 明彦:人のシーンで全力でRPしていくスタイル 

[メイン]GM:あなや~~~かっこいいねえ 
[メイン]館川 明彦:あなやーwww 
[メイン]三鈴:感嘆詞ww 
[メイン]山田 さらさ:本当に優しいひとなのだと さらさは思った。 
任務中でも片時も娘さんの写真を手放さないその姿にうっすらと暖かいものがこみ上げてくるのを感じた。(愛情プラス
 
[メイン]GM:おお! 
[メイン]館川 明彦:おお…! 
[メイン]GM:では、シーンを閉じてください~ 
[メイン]館川 明彦:優しい 
[メイン]山田 さらさ:何とも言えない表情で会釈をすると、さらさはその場を立ち去った。 
[メイン]館川 明彦:向けられる視線から逃れるように、さらに歩く速度を上げる。 
さらさの前に立ち続けるのが苦痛だった。以上!
 
[メイン]GM:ありがとうございました! では、ラストサイクル不思議発見! 



ログ見返してみるとほんとたろさんの飲み込みがめちゃめちゃ早くて演出が雰囲気良くてすごい(*´ェ`*)
シーン表がこころもち荒ぶりの片鱗を見せるものの、ノリノリの霧がむしろ楽しそうだった記憶。

感情表を先に振ってからのとる感情に合わせた演出も見てて楽しいし、先の舘川の演出に合わせたさらさの演出も凄い!シノビガミは一つ一つのシーンの演出が綺麗にはまると物語の一部分を見れてる感じがほんっとワクワクするよね。

第2サイクルまで終わって次はメイン最後の第3サイクル。
猿飛の行方への決定打を誰も持っていないけどはたして大丈夫なのか…乞うご期待(


.
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR